毛が密な部分

脱毛クリニック等に行って、「永久脱毛できた!」と思っても、後から絶対毛が生えてこないかと言うと、必ずしも沿うとは言えません。
毛には毛周期が関係する為、処理中の期間に眠っていた毛が、後日ひょっこり顔を出すと言うこともあるでしょう。
施術ごとに確実に毛の量は減りますが、油断をせずにワキをこまめにチャックするようにしましょう。
光脱毛でワキの脱毛を行なう女性も増えています。
ムダ毛の毛根は光脱毛によって破壊できますので、ワキ脱毛にはとても適しています。
レーザー脱毛と比較すると、脱毛効果が減少するものの、メリットとして痛みが少なく安いです。
肌にかかるダメージが少ないのも、ワキ脱毛に最も利用されている要因の一つです。
かつての脱毛は、「ニードル法」といわれる針で毛穴を刺激するものなど、痛みのあるものが多くありました。
ですが、近年の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」と呼ばれるものです。
個人差があるでしょうが、フラッシュ脱毛だったら少しちくっとする程度で、それほど痛いとは感じません。
ただ、Vラインのような毛が密な部分はちょっと痛みが強くなります。
このまえ、脱毛サロンの特集や脱毛にあたっての注意点が載っていた雑誌を買って読みました。
ブルーデイには、肌荒れしやすくなるので、脱毛サロンへ行くのは生理時は辞めた方が良いと書いてありました。